遠慮の理由はこれかっていう気づき

遠慮の理由はこれかっていう気づき

こんにちは、まどかです。

あ〜、真面目な話な予感。真面目なわたし、カッコ良すぎて、最近自分で笑える(о´∀`о)

今日は、スターシードオンラインサロンの中でたまたま見つけたとてもとても素敵なお方のビジネス講座構築会議(?)的なものに参加させてもらいました。

ビジネスというものに興味はないけど、なんだか気になって、聞いて自分がどう感じるかを知りたな〜っていうノリで参加したら、人の作ったビジネス講座に意見いうのがめっちゃ面白くて。自分で構築するのはめんどくさいけど意見いうだけならバシバシ言えちゃうっていうw

で、参加してて、個人的に気づいたのは、参加者の方7人いたけど、実際意見言ってたのって、ほぼほぼわたしだけで笑

わたしは意見というか、それ以上に思ったこと言いまくるっていう、なんか、主催の方とわたし二人で講座やってるかと思うような構図になってて笑えた。

主催の方の意図が、これからこの講座をしていくにあたっていろんな人の意見が欲しいってところだとわたしは認識していたので、聞いててただ色々思いつくこと言ったんだけど、ほとんどの方が、話を聞いてるだけで講座を受けに来たのか???っていう感じの受け身だったのですよ。

会が終わった後ご飯作りながら、それって、なんでだろうって考えてたら。これもしかして日本人のクセ?って思った。特に意見がないか、仮にもしあっても言えない?わたしは海外にいた時、外国人て討論好きだけど、自分がそれに対して特に意見がないっていうことが多々あって、それはそれまで自分が受け身で生きてきて、特に何も思わなくなっちゃってたということに気づきました。

それって、なんでだったんだろうって、さらに考えてみたら、人の目を気にしてるからかなぁって、思って、人からどう思われるかが怖いのかなぁとか。日本て、周りに合わせたり、人と合わせたりするのが当たり前的なところがあるからかな?で、それって、なんでわたしはないんだろうと思った時、”自信”だと思った。

わたし、この今の完全な自己信頼を確立してから、自分の感覚を信頼してるから、思ってることが勝手に口から出てくるというか、意見を言うことに躊躇が一切なくて、わたしはこう思う。って言う。ただ、そう感じる。それだけ。

相手にどう思われようが、相手がどんな反応をしようが、ある意味どうでもいい。そこは相手の受け取り方次第で、わたしがどうこうできることではないし、しようとも思わない。という感じなのです。

半年くらい前、わたしの中で自分の自信のなさに気づかせてくれるきっかけになったことがあり、自分の中ではかなりショッキングなことが出来事だったのだけど、それは、パートナーが自分を信じてくれてなかったっていう現象でした。

その時は、なんだこれ、こんなこと、ありえないって思って、パートナーに対して信じられないわーーって思ったのだけど、後で、あ、これ、わたし自身が自分を信じてないということを彼が見せてくれたんだと気づきました。

そこから“自己信頼”を意識して過ごして、いろんな経験をして自信を少しずつ徐々につけました。もちろん、これだけじゃなくて、自分のいろんなことに気づいて、行動して、体感して、ふに落ちて、を繰り返すうちに、自分の感覚を疑うことがなくなって、気づけば言葉に確信ができ、自分に芯ができました。(ちなみに、今は彼からもめっちゃ信頼されてます笑)

わたしの場合は、海外生活経験も多くて、そういう意味で、日本のように空気を読んでくれるということがないので、自分の思っていることを伝える、意見をいうということに慣れているというか、そうじゃないと生きづらいので、気づいたらそうなっていたというのもあるのですが、その辺、日本に帰ってきて、日本人の人ばかりと接してる中で自分の強みなんだなぁとわかってきました。あ、あれ?結局自分すごい自慢?w

でも、みんなできるはずというか。みんなが思ってること、感じたを自由に言って、意見交換したら本当に楽しいと思うのです。わたしは人の感性を感じるのが好きで、同じなのも面白いし違うってこともすごく面白くて、人の意見を聞くことが大好きなので、これからカオスチャンネルとか、みんなが気軽に意見を出し合える場づくりをして行けたら楽しいな〜思いました( ´ ▽ ` )

来週も、カオスライブ配信やる予定です〜カオスチャンネルはコチラ

あれ、てゆうか、遠慮はどこへ。。。笑
とりま、遠慮は、やめよう。

なんか、遠慮という日本語チョイスが違ったかもですなw
う〜ん、日本語難しい。

そう言えば、今日は、アメリカ独立記念日!私も軽々と自由に〜独立することをここ勝手に宣言!🗽✨

いつもながらまとまりのない文章ですが。以上❣️