ありのままを受け入れる。存在するだけで良いってこういうこと?

ありのままを受け入れる。存在するだけで良いってこういうこと?

今週土曜日もスターシードカオスチャンネルで夜9時からみーちゃんとライブ配信をします☺️

それに関連して、今日はわたしの無価値感の話。

相方のみーちゃんと出会ってすぐの頃、鏡の向こうKINやら、スピリットメイトやらで盛り上がっていた頃。

わたしはみーちゃんのすごさを目の当たりにしては、「横に並べない」と勝手に感じていた。

勝手に比較して、劣等感を感じて、わたしには何もできないって何度も落ち込んだ。

心のどこかで何者かになりたくて、役割みたいなものが欲しくて。それは、みーちゃんに出会う前からそうで、プロなんちゃらとか、専門家みたいなわかりやすい肩書き、わかりやすい技に憧れた。

でも、わたしは何一つもっていなくて、何も極めたことはない。

社会的”すごい”への劣等感みたいなもの。

ほんとはわたしも色々できるし、むしろ、できなくても、わたしがわたしらしくいればそれで良い話なんだけど、何かができることに評価される世の中、優秀とか先生と呼ばれる人たちが成功者のように見えてしまうこの世界の”常識”みたいなものに無意識に洗脳されていた。

だけど、視点を上げてみると、結局のところ、ただ存在しているだけで役に立っている。でも、それを自分で感じるのはやっぱり、なかなかむずかしい。

だから、人がいて、自分の役割とか、価値というものを見せて教えてくれている。

ただそこにあなたがいてくれるだけで、誰かの役に立っている。仕事をしてるとか、家事をしてる。とか、そういうことじゃなくて。

あなたという存在そのものがそこにいるというだけで、勝手に誰かが何かに気付いたり、勝手に豊かになったり、直接会話をしたり関わらなくても、通りすがりの人でさえ、知らぬ間に誰かに影響を与えたり、与えられたりしている。

そこから生まれる気づきや感情が、行動につながり、そこから生まれる経験が、生きるということ。だから全ての存在に価値がある。とわたしは思う。

これは、大きい視点で見た話だし、そんなこと言ったって実際には、わかりやすい価値を感じたいのが人間のサガであると思う。

前置きがながくなったけど、カオスチャンネルを再開して、久しぶりにみーちゃんのすごさを目の当たりにしたわたし。

何度か瞬間的に、例のごとく劣等感を感じた。でも、今回は視点をすぐに切り替えた。

わたしにはわたしの役割があり、それでバランスがとれているんだと。

わたしがいるからライブ配信ができたりみーちゃんもみーちゃんらしさを発揮できる。わたしもみーちゃんがいるからYoutubeで話したりサムネを作ったり、動画を編集させてもらったり、パソコンカタカタするクリエイティブな活動ができる。

お互いの当たり前にできることを、お互いがしてるだけでバランスがとれて2人ともが楽しい創造ができている。

わたしは前回のライブ配信でも「わたしいる意味なくないかw」ってしつこく言っていたけども😂 ありがたいことにそれでもいるだけで良いとふたりが言ってくれる。

これからも、そういう無価値感が出てくることはあるかもしれない。いるだけで良いと思えない時もあるかもしれないけど、そういう自分も受け止めて、それで良いと言ってあげたい。

日々、自分を褒めて甘やかそう。

⭐️お知らせ⭐️

まどみーのYoutubeライブ配信では、お悩み相談、質問にお答えしています。

かなりリアルな行動につながる的確で明確な全力アドバイスをみーちゃんがくれるので、何かを変えたいと思ってる方におすすめです。

お悩み、質問はLINEに友達追加の上、メニューの問い合わせフォームよりお送りください😊

友達追加はコチラからまたは「@359ptido」でID検索できます。